pet検査について詳しく知ろう

pet検査について詳しく知ろう

最近、がんに対する関心の高まりから、がんを検査する1つの方法として、pet検査というものが注目されつつあります。
pet検査とは、がん細胞の特定の性質を利用してがんを発見するものです。より具体的には、がん細胞は、正常な細胞よりも多くのブドウ糖を取り込み、非常に速いスピードで増殖します。このブドウ糖の取り込み量の違いに着目して、特殊な検査薬を使用して、がん細胞にマーキングを行います。これにより、がん細胞が体のどの部分に存在するのかを一目で分かるようになります。

レントゲン検査や内視鏡検査などの一般的ながん検査では、がんがある程度の大きさにならないと、がんを発見することは難しいです。これに対して、pet検査では、普通の検査では発見することのできない、大変小さながんでも発見することができます。そのため、がんの早期発見に大変有効です。さらに、CT装置を併用したPet-CT検査では、より高精度にがんの位置を把握することができます。

人間ドックについて詳しく知ろう

人間ドックとは病気の早期発見と早期治療、疾病予防などを目的としている検査のことです。今現在自分は健康だと思っている人でも一定の期間をおいて定期的に検査を行うことで、気がつかないうちに発症しているかもしれない病気を発見することができたり、それによって早期に治療を開始することができ病気の進行を防ぐことができるのが人間ドックの大きなメリットです。また、市町村自治体や会社などで健康診断を受けていると言って安心している人でも、人間ドックを受けることで普段の健康診断よりも詳しく自分の体を検査することができるので、自分の体力や健康状態をより詳しく理解することができます。病気などを発症していなくても、何らかの病気の予備軍であることなども見つけることができるので、これまでの生活習慣の見直しの目安になるのもメリットの1つです。人間ドックは日帰りでできるものと1泊2日で受けるものなどがあり、受診する医療機関によってもオプション検査項目や諸費用が異なりますので問い合わせなどをして、自分が気になる項目の検査がある医療機関などを選んで受けるようにすると良いです。

 

PET検査の施設をMRSO(マーソ)で探そう